平山郁夫の買取|作風・市場価値と鑑定機関|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

平山郁夫の買取|作風・市場価値と鑑定機関

平山郁夫(ひらやまいくお)の作品の正式な鑑定機関は、東京美術倶楽部鑑定委員会となります。平山郁夫の作品は市場需要も高い為にそれを買い取りする会社もやや高めの査定をしてくれる事が多いと考えても良いでしょう。ですから安易に質屋や画廊等に持ち込まずに専門会社数社への査定依頼を実施されるか、絵画 オークションに出展する事を推奨します
平山郁夫が画家としての転機を迎えたのは、一命を取り留めた後のことです。東京オリンピックの聖火の記事を新聞で読み、後に日本美術展覧会(院展) で入選した『仏教伝来』のヒントを得ました。シルクロードを歩き、アジア・インド・ヨーロッパ諸国を歩き、仏教をテーマとした作品を次々に発表しています。
平山郁夫は教育者としての活躍も目覚ましく、東京藝術大学学長を二度(1989年~1995年、2001年~2005年)も務めあげました。 しかし、マスコミや百貨店とのタイアップ作品で利益を得たことに対し、批判の声も多いです。代表作は日本美術院賞を受賞した『入涅槃幻想』『受胎霊夢』や『大唐西域壁画』(薬師寺玄奘三蔵院の壁画)ですが、幻想的な技法のリトグラフ作品を好むファンも多いです。リトグラフ作品にも仏教に由来するものが描かれており、近年に活躍した作家のなかでは非常に高値がついています。
公職につきながらも作家としての個人的な利益を得ていたことで批判も多かった日本画家・平山郁夫ですが、仏教をテーマとしたリトグラフ・絵画・版画には多くのファンがいます。仏教に興味がない方でも、幻想的なタッチに魅了されてしまうほどです。納戸や倉庫の肥やしになっている平山作品はありませんか?平山郁夫 買取は複製品でも大きな価値がつきます。処分をする予定があるのなら、一度査定に出してみることをお勧めします。
昭和・平成を渡り歩いた日本画家・平山郁夫は、作品の多くに仏教をちりばめています。夢のような世界にいざなわれる作風ということもあり、仏教に興味がない方のなかにもファンが存在します。
ここで平山郁夫 作品一覧をご紹介します。平山氏の画家人生において転機を与えたのは、新聞にある東京オリンピックの聖火の記事でした。シルクロードを経由する提案が書かれていた記事から絵のヒントを得、『仏教伝来』を描き上げました。この作品がなかったら、彼の作家人生は違ったものになったかもしれません。絵画としては非常に高価なものですが、なかなか手に入れられないファンには大型本『平山郁夫の旅―「仏教伝来」の道 シルクロード』(59点)がお勧めです。
多くの方が目にする有名作品で、平山郁夫 作品一覧には絶対に外せないのが『大唐西域壁画』です。平山氏が度々訪れているシルクロード・中国・ヒマラヤ山脈などをモチーフに、20年以上の歳月をかけて制作しました。薬師寺玄奘三蔵院の特別公開で目にした方は、現場にいるような錯覚に陥いっています。
平山郁夫 作品一覧は、平山氏の出身地でもある広島県の『平山郁夫美術館』やシルクロードの作品を収蔵している『平山郁夫シルクロード美術館』、滋賀県にある佐川美術館の『平山郁夫館』で堪能できます。複製画も多数販売されているので、購入して観賞するのもいいでしょう。
平山郁夫は生年、数々の作品を残しました。そのほとんどが仏教をテーマとしており、水彩画・リトグラフ・木版画・水彩素描画・銅版画・エッチング・シルクスクリーンといった多くの技法で描かれています。本画の最大の特徴は、多い場合には100回を超えるという重厚な塗り重ねによるマチエール(絵肌・画面の質感)にあります。 印刷物などでは表現できないものなので大変評価の高いものとなっています。平山郁夫 買取
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|