岡本太郎の版画3点|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

岡本太郎の版画3点

現在、渋谷駅にある巨大な作品「明日の神話」でも知られる日本の現代美術のパイオニア、岡本太郎。その活動は絵画、彫刻から、パブリックアート、プロダクトデザイン、文筆業まで多岐にわたる。
1970年以降、彼の作品には宇宙と人間とを結びつける穴としての顔や眼のモチーフが頻繁に登場する。本展ではそんな顔や眼のモチーフを中心に制作した、約30点のリトグラフ、エッチング等を展示。
「芸術は大衆のもの」という岡本太郎の根幹にある思想を表したともいえる版画作品は実際に購入も可能で、入場は無料。気軽に作品に触れられるのも魅力だ。渋谷を訪れる際はぜひ、彼のパワー溢れる版画作品をぜひ堪能してほしい。
2011年5月、渋谷駅に設置されている岡本太郎の壁画作品「明日の神話」に、福島第一原発の絵が付け足されるという事件が起こった。「LEVEL 7 feat.『明日の神話』」と題されたこの作品を制作したのは、何かを話題のアーティスト集団「Chim↑Pom」だった。
報道のトーンはいずれも「悪質ないたずら」だったが、岡本太郎記念館館長・平野暁臣氏は「壁画と太郎に敬意を払っていることがわかる」「悪ふざけではなく表現だ」と一貫して言い続けていた。
今回の企画展を開催するにあたっても、このようにコメントしている。 「いまは無き芸術家と正面から格闘しようとした若い想像力の軌跡を見てほしい。そこにあるのは悪ふざけでも賛美でもない岡本太郎との真摯な対話だ」岡本太郎 買取
  • 夜の会合岡本太郎
    夜の会合
  • 作品岡本太郎
    作品
2011年10月4日放送|開運 なんでも鑑定団 「in 上里」
岡本太郎の版画 3点
●岡本太郎の版画 3点
●鑑定士(永井龍之介)の出した金額:\700,000
【鑑定士総評】
1970年以降、彼の作品には宇宙と人間とを結びつける穴としての顔や眼のモチーフが頻繁に登場し、作品中の眼が太郎自身の眼と一体化して表される。本展ではそんな顔や眼のモチーフを中心に制作した版画作品が約30点並ぶ。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|