山口長男の油彩画|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

山口長男の油彩画

山口長男(1902~1983)は、自然の写生を元にしながらその骨格をとらえた独自の抽象絵画を確立し、サンパウロ・ビエンナーレや ヴェネツィア・ビエンナーレに出品するなど、国内外で高く評価されている画家です。
山口長男は、韓国京城府(現在のソウル)に生まれました。東京美術学校で和田英作らに洋画を学んだ後、留学したパリでは佐伯祐三やオシップ・ザッキンの薫陶を受け、キュビスム風の絵画を制作します。
帰国後は有島生馬の紹介で二科展に出品し、白を背景に形を単純化した、自由な配色の作品になります。第二次世界大戦前には具象的な要素が消えた。
そして戦後は黒を背景に赤茶色あるいは黄土色の限られた色数で、自然の写生を元にしながらその骨格をとらえた独自の抽象絵画を確立、サンパウロ・ビエンナーレやヴェネツィア・ビエンナーレに出品するなど、国内外で高い評価を得ました。
山口は、父親の出身地である鹿児島県川内市(現さつま川内市)を「私の町」と呼び、しばしば鹿児島を訪れています。鹿児島ゆかりの作家である山口の作品を収蔵しており、油彩画や水彩・素描、彫刻、陶器の絵付けなど34点でその画業を垣間見ることができます。
自由な色や形でユーモアを感じさせる初期の油彩画や水彩等、そして生まれ育った大陸のおおらかさや力強さ、魅力的な絵肌で色面の拡がりを見せる中・晩年の油彩画など、展示作品の世界をお楽しみください。洋画 買取
※絵画コレクターの夫・博さんが一番大切にしている絵。5年前、博さんは結婚25年の記念に、この絵で鑑定団に出演しようと、番組宛に手紙を書いたのだが、その話を聞いた中井さんは「我が家がテレビに映るのは嫌だ」と言って大反対した。
しかし程なく、博さんは心筋梗塞で倒れてしまい、今も意識が戻っていない。以来、その手紙をずっとそのままにしていたが、今年結婚30周年を迎えたため、思い切って番組に送った。夫の願いを叶えてあげ、少しでも良くなってもらいたい。山口長男 買取
  • 作品山口長男
    作品
2012年8月14日放送|開運 なんでも鑑定団
山口長男の油彩画
●山口長男の油彩画
●鑑定士(永井龍之介)の出した金額:\4,000,000
【鑑定士総評】
ペインティングナイフで塗りこめるように力強く描いており、大地を耕し養分を与えるかのような描き方。山口の絵は見る人のイマジネーションでどのようにも感じることができる。1982年の作品。日本の抽象画の第一人者だが、実は今海外のマーケットでも非常に高くなっている。依頼品は板に描かれているが、まずプルシアンブルーをベースにして、その上にヴェネツィアンレッドで描いている。これは山口が生まれた朝鮮半島の色を表し、山口自身の中の風土の色として好んで使っていた。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|