宮永岳彦の油彩画の鑑定額|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

宮永岳彦の油彩画の鑑定額

静岡県磐田郡(現・磐田市)生まれ。名古屋市立工芸学校卒業後、松坂屋名古屋本店に入社。その後、第二次世界大戦の兵役の後、実家の神奈川県秦野市に戻り、松坂屋銀座店宣伝部に勤務をしながら秦野市、後に東京都新宿区にて創作活動を行う。
油絵をはじめ、小田急電鉄や全日本空輸のポスター、童画、週刊漫画TIMESなどの表紙画、挿絵、水墨画などの作品を残した。特に1955年の発売以来、現在に至るまでパッケージに使用されている「ぺんてるくれよん」のイラストがつとに有名である[1]。その多才さから「器用貧乏」と揶揄されるも、「器用貧乏が勝つか、不器用が勝つか、勝負だ」と意に介さなかった。
1974年には、ブラジルの日伯文化協会の依頼で当時の皇太子(今上天皇・明仁親王)および皇太子妃(現皇后)の肖像画『皇太子・同妃両殿下御肖像画』を描く。この作品は、明治期以降で、宮内庁の正式な許可を得て天皇家を描いた唯一の作品といわれている。
また、秦野市に在住していた関係から、市内を走る小田急電鉄より新型特急車輛(小田急ロマンスカー3000形SEのカラーリングの依頼を受け、オレンジバーミリオンにシルバーグレーのツートンを基調とし、白帯を配した塗装を考案。この塗装は、小田急ロマンスカーのシンボルカラーとなり、後に登場する3100形NSE、7000形LSEの塗装へと引き継がれた[2]ほか、オレンジバーミリオンに関しては、50000形VSEや60000形MSEにも引き継がれている。宮永岳彦 買取
晩年はルネッサンス美術に回顧したり、民族衣装を題材にした。民族衣装を描く際は、民族衣装はその衣装を伝えている民族が着ないと美しくないとして、各国の大使館に出向いて気に入ったモデルを探して描いていた。
  • 燦宮永岳彦
  • 凰宮永岳彦
  • 鳳宮永岳彦
2013年6月18日放送|開運 なんでも鑑定団
宮永岳彦の油彩画
●宮永岳彦の油彩画2点
●鑑定士(永井龍之介)の出した金額:\3,000,000
【鑑定士総評】
2点とも同じ時期に描かれて発表された作品。昭和48年、宮永がもっとも脂が乗っていた時期。多くの女性像を描いてきたため、イメージができあがっており2点とも実に軽快に描いている印象がある。そのため画に瑞々しさがある。色彩センスも優れており、抑えたトーンの背景に華やかなドレスの色が鑑賞者をひきつける。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|