堂本印象の掛軸|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

堂本印象の掛軸

画家としての才能はもちろんのこと、堂本印象は指導者としても非常に名高いことで有名です。1936年には京都市立絵画専門学校教授を歴任。さらには、私塾東丘社の主催者として指導を行い、美術界への貢献も果たしていました。
そんな、堂本印象の日本画と言えば抽象的な作品が多いことで知られています。日本画の領域を軽々と超えた、新しく斬新な作品は、現在でも多くの人々を魅了し続けています。
独自の世界観を貫いた日本を代表する画家。自らの作品のひとつともいうべき京都府立堂本印象美術館は、堂本印象の世界観を詰め込んだような、非常に有名な美術館として有名です。
堂本印象は、1910年に京都に生まれます。芸術に関心があり、京都市立美術工芸学校卒業後には西陣織の図案描きを生業として生活をしています。しかし、どうしても画家になりたいという思いを拭いきることができず、結果的に、京都市立絵画専門学校に入学をして、日本画を一から学び始めることになります。
京都市立絵画専門学校で、研磨を重ねて生き1924年に京都市立絵画専門学校を無事修了。新しい世界観を切り開いて行くべく、画家活動をスタートさせていきます。さて、そんな堂本印象は、卒業前の1919年に帝展への初出展作「深草」で初入選を果たしています。
さらに、第3回帝展でも「調鞠図」が特選という快挙。数々の名誉ある賞を受賞していきます。この、抽象的な表現は戦後に花開きます。抽象表現であったり障壁画という新しい舞台でも活躍を拡げ、数多くの国際展覧会に作品を出展し、国際的にも評価を得ています。
1963年に、大阪カテドラル聖マリア大聖堂「栄光の聖母マリア」が絶賛され、何とローマ教皇ヨハネス23世から、聖シルベストロ文化第一勲章を受賞する数少ない日本人画家となっています。
掛軸買取に関しても、非常に堂本印象の作品は人気があり、高価買取となっています。自らの芸術を日本画という伝統的なパレットに落とし込み、世界的にも有名となった堂本印象。彼の描き上げる新世界は、これからも多くの人々の影響を与え続けることでしょう。 掛軸 買取
  • 豊か日を浴びて堂本印象
    豊か日を浴びて
  • 緑樹清風堂本印象
    緑樹清風
  • 新しい意思堂本印象
    新しい意思
2011年4月26日放送|開運 なんでも鑑定団「in 埼玉県坂戸市」
堂本印象の掛軸
●堂本印象の掛軸
●鑑定士(田中大)の出した金額:\800,000
【鑑定士総評】
堂本印象の掛軸 清夏の晴れ間
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|