伊東深水の写実的技術|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

伊東深水の写実的技術

大正時代の後半、20代の若さですでに美人画家として、日本中で絶大な人気を博していた伊東深水。彼は、明治末期から大正にかけて在来の木版画に対抗して起こった"創作版画"運動の流れのなか、従来の絵師、彫師、摺師の分業による技法を基盤とした。
新版画"運動を展開。長く運動の中心的存在として版下絵の制作を続け、近代の日本画壇に浮世絵版画の伝統を復活させた、大家と呼べる存在です。
深水の作品は、当時の美人画に多く見られた代表的な麗美さを主眼としたものとは、一線を画し、自然美と女性美を組み合わせながらも、彼独特の感性で女性の内面を深く掘り下げ、他の追随を許さない、いわゆる"深水美人"を創造し、確立した画期的なものです。
高度な写実的技術を基盤とした緻密な描写は、大衆に広く支持されると同時に、専門家にも高く評価され、画壇に一時代を築きました。伊東深水がハワイのホノルルを訪れた際に、親交のあった人物を描いたもの。
  • 古代美人伊東深水
    古代美人
2014年6月17日放送|開運 なんでも鑑定団「IN ハワイ」
伊東深水の色紙
●伊東深水の色紙
●鑑定士(安河内眞美)の出した金額:\180,000
【鑑定士総評】
伊藤深水は昭和38年7月に次男でやはり日本画家の伊藤万燿とともにブラジルに渡っている。その帰りにハワイに寄り、親交のあった依頼人の父のところで少年時代の依頼人をかわいい坊ちゃんだということで描いたのだろう。ちょっとしたスケッチではあるが、一瞬の描写がやはり上手い。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|