下村観山の掛軸|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

下村観山の掛軸

明治6年4月10日~昭和5年5月10日(1873~1930)和歌山生まれ。画家。狩野芳崖、橋本雅邦に師事、さらに東京美術学校に学ぶ。明治27年(1894)同校卒業後助教授に就任。
31年(1898)校長の岡倉天心が辞職した際同校を去り、日本美術院設立に参画。34年(1901)教授として同校に戻る。36~38年(1903~1905)にかけて英国に留学し、欧州各地を巡る。
その後、大正3年(1914)横山大観と共に日本美術院を再興した。6年(1917)帝室技芸員。代表作は「木の間の秋」「白狐」等。日本画家。和歌山県生。名は晴三郎。東美校卒。狩野芳崖・橋本雅邦に学ぶ。
日本美術院創立に参加し、横山大観・菱田春草と共に活躍、またその再興にも尽力する。東美校教授・帝室技芸員。昭和5年(1930)歿、58才。
2014年5月13日放送|開運 なんでも鑑定団「IN 山形県河北町」
下村観山の掛軸
●下村観山の掛軸
●鑑定士(安河内眞美)の出した金額:\800,000
【鑑定士総評】
明治40年くらいに描かれたもので、ロンドン留学時に吸収した水彩画などの技術や雰囲気を日本画に取り入れた観山の成果の一つといえる。西洋画の遠近法は縦長の掛軸にしたときには無理が生じるが、依頼品は上部に朧月を一つ描くことで全体を非常にうまくまとめている。落款が人物の持つ提灯の部分に入っているのも洒落ている。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|