日本人作家ページ |高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

日本人作家ページ

●亡き夫の油彩画

ところで、藤田の後半生、30年以上をともに暮らし、その最期を看取った君代夫人が、彼女自身の最期まで手放さず、身近において眺めつづけた亡き夫の油彩画があります。 意外なほど小さい、葉書大の小品で、「家」・・・・・・・・・

●戦争で制約の多かった制作意欲

藤田が戦後の代表作としばしば評されるのは、フランス国立近代美術館が所蔵する《カフェにて》です。肘をついてあごに手を沿えるメランコリックな表情の手元には、書きかけけの手紙、ペンとインク壺、そして赤ワイン・・・・・・・・・

●フランスでの日本表象

生前、世界を三週したという藤田ですが、戦前の彼は日欧間の移動を「航路」に限っていました。いうまでもなく、日欧間の移動の途中には海と異文化が存在して、経路にはインド洋経由と、太平洋経由で北米を鉄道で横断・・・・・・・・・

●「本のしごと」を残したのは藤田だけ

20年代のパリには何百人もの日本美術家がいて、諸サロンに入選したり、個展を開催したりする者の数は相当の数に上がってました。しかしながら、ここまで現地の文芸界や出版界と濃厚なネットワークを築き、質の高い・・・・・・・・・

●日本部門の仏文カタログ

ブログをみてくれている方、今年もお世話になりました。今日までがお仕事だという方が多いのではないでしょうか。私はというと年末年始も関係なくお仕事になりそうです。来年度も宜しくお願い致します。ブログも来年・・・・・・・・・

●念願のパリ留学を果たした

1913年夏にようやく念願のパリ留学を果たした藤田でしたが、1年後には第一次大戦が勃発します。多くの在留邦人がの勧告に従って母国に引き揚げる中、私費で生涯一度の渡欧と覚悟してきた彼は残留を決意します。・・・・・・・・・

●モノクロームの木版画の魅力

20年代を迎えた藤田の「本の仕事」でまず際立つのは、素朴なモノクロームの木版画の魅力です。すでに1910年代末から木版画を手がけ、雑誌の挿入や表紙となることもありました。(『レ・レトル・パリジェンヌ』・・・・・・・・・

●90年という長い生涯の中

人生にはいくたびか、旅立ちの朝がある。日本画家・東山魁褱(1908~1999年本名・東山新吉)にも、新しい一歩を踏み出す決意のときがあった。 90年という長い生涯の中で、其の記憶に鮮明に刻まれれている・・・・・・・・・

●狭い世界を絵画に求めた

松園が自作に理想的姿を求めた昭和期、東京では小林古径、安田靫彦、松岡映丘ら、京都では土田麦僊、菊池契月らが、テーマ、技術を古典に求めるいわゆる新古典主義と呼ばれる完全性の高い理想主義的作品をつぎつぎと・・・・・・・・・

●着物の赤、帯の青、桜花の文様

松園みずから鼓を打っている写真がある。この作品のテーマは松園にとってはいわば日常生活の延長でもあった。そしてその作品では、松園のよく知る、能の鼓のもつ重々しく男性的な抽象性の強い音というよりも、若く美・・・・・・・・・
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム
女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|