買取会社が行なえるのは査定のみです。絵画・骨董の鑑定は作品によって鑑定機関が定められており逆に鑑定機関は値段を決めるはできません。

絵画 買取

絵画・骨董品の査定と鑑定の違い

一般的に、絵画・骨董の売却を検討される多くの方が勘違いされやすい部分ではありますが、絵画の査定と絵画の鑑定とは意味が異なる事です。厳密に言いますと、「鑑定」とは、「真贋の鑑定」ということであって、「値段」を決める、ということではありません。 これは明治以降の有名作家に関しては、「所定鑑定人・機関」が有料(六万円前後)で責任のある鑑定を行っています。ただし、鑑定人は、真贋鑑定のみを行い価格査定は行いません。  
なお、一部美術家(画家・工芸家)については、高名で高価な作品にもかかわらず、正式な鑑定人がいない場合もあります。(鑑定人の高齢化や、子孫の方針などの理由によります。)   江戸期以前の作家(円山応挙、渡辺崋山など)についても、正式な鑑定人はおりませんが、こうした場合は、「鑑定証」を発行してもらうことはできませんので、なるべく信頼できる美術商に相談されることをお勧めします。  
さて一方、買取専門会社が行っているのは、絵画・掛け軸などの値段(買取価格)の提示であってこれは本来「査定」と呼ぶべき業務です。ただし近頃はテレビ番組の隆盛もあって、「鑑定」を「査定」とほぼ同じ意味で使う会社が多い為に誤解が生じやすい部分となっていると言えます つまり お客様からの「美術品(絵画・掛け軸・茶道具)を鑑定してください」というご依頼に関して、正式な回答を出来る買取会社は存在しないと言うが正しい解釈であり、買取会社はお客様の美術品の査定を実施した後にお客様が売却される場合のみその作品の鑑定機関に真贋鑑定を依頼すると言う流れと考えるのが最も適切です。
勿論、鑑定を依頼するにあたっては鑑定料と言うものが発生する為に、買取会社に鑑定のみ(売却意向がない場合)を依頼する事は出来ないと考えておいた方が良いでしょう。万が一、ご自身で真贋鑑定を行いたい場合は、こちらのサイトに鑑定機関の詳細情報(ジャンル・作家毎)がございますので合わせて御参照されてみてください。

鑑定書とは

お持ちの美術品をお売りになる場合、鑑定証取得に関して具体的にどうするのがベストなのか、をまず考えてみます。 「鑑定証」をとるべきかどうかについての判断は、結論から言うと、まずは美術商にご相談されてからとられる事をお勧めします。 もし商品の売却を念頭に置いて「鑑定」をとられる場合は、次の点に注意する必要があります。
1:その美術品(絵画・掛け軸・茶道具)は「鑑定」をとる必要に足る価格のものか
「鑑定証」を取得するには、鑑定申し込み、および、証書の発行について、いずれもお金がかかります。一般的には、手数料・鑑定証発行を合わせて6万円程度だといわれています。  
ところがどんな大家の先生でも、色紙に書いた簡単な席画や、若い頃の作品は、市場での取引価格自体が数万円~十数万にしかならないものもあります。このように「鑑定証」を添付しても、流通価格にはさほど影響しないケースが多いのです。   例えば流通価格が10万円で、鑑定証をつけても11万円、となった場合に鑑定証を取っただけ損、という事になりかねません。細かく言えば鑑定証発行人に届ける手間隙交通費も無駄になってしまいます。
2:「鑑定証」発行者は信頼に足る人・機関か
上にも書いたように、明治時代以降の有名作家に関しては所定鑑定人がおります。(現存作家は本人に確認することになります。)この所定鑑定人が発行した「鑑定証」は、一応流通上の価値が担保されておりますが、江戸時代以前の作家に関しては、実は責任を持った鑑定機関というものは存在しません。
そして、「所定鑑定人」以外の発行した「鑑定証」というのは、実は流通価格にそれほど影響しないケースが多いのです。というのも、あまり信用できないと思われる鑑定者も歴史上存在しているためです。古美術品には箱書きほか、キワメ書き(鑑定)が添付されている場合があり、それはある程度参考にはなりますし、重要な場合もありますが、結局は作品そのものの出来栄え、保存状態が最も重要であって、あくまで傍証材料に過ぎません。  
こうした事情で、作品を書いたのは誰か、どの時代のものか、どの程度の出来の作品か、によって、「鑑定証」をとる必要が出てくるかどうかは分かれてきます。  本当に熟練した美術商ならば、「鑑定証」があってもなくても、近代絵画の有名作家の作品ならば、たいていは真贋の判断はつきます。江戸期以前の作品に関しても私どものような専門の書画商なら、査定額を出す事が出来ます。真贋が「微妙」で、かつ、価格帯が鑑定を取るに足り、さらに信頼の置ける所定鑑定人のいるものに関してのみ、「鑑定証」を取得するべきでしょう。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム
女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|